結婚退職して夫の扶養に入ると年金・公的医療保険はどうなるの?

夫が会社員なら、原則年金は国民年金の第3号被保険者となり、医療保険は夫の健康保険の扶養に入ります(被扶養者といいます)。

 

第3号被保険者となるには、20歳以上60歳未満で夫(配偶者)に扶養されていることが必要です。年収が130万円未満であれば扶養の範囲内なので、仕事をしていても130万未満であれば第3号被保険者になることができます。第3号被保険者は、国民年金の保険料を納める必要はなく、将来の年金を受けることができます。ただし、夫が第1号被保険者の自営業者等である場合には、第3号被保険者とはならず、妻も第1号被保険者になります。

 

健康保険の扶養になるには、年収は第3号被保険者と同じ条件です。扶養になると、保険料の支払いはなく家族の給付が受けられます。一方、夫が国民健康保険に加入している自営業者である場合には、扶養とはならず国民健康保険の被保険者となります。

 

夫が会社員の場合は、年金や医療保険の手続きを夫の会社で行ってくれますが、自営業者等の場合は自分で市区町村役場の窓口へ行き、手続きを行わなければなりません。忘れずに手続しましょう。