結婚したら、独身時代の保険は見直した方がいいの?

結婚は保険の見直しのベストタイミングです。
結婚すると、独身時代とは保険の役割が変わります。独身の時には病気やケガなど主に自分のトラブル(リスク)に備えます。

 

でも、結婚すると、自分と配偶者の2人分、また子供が誕生すれば子供も含めたリスクの備えが必要です。中でも1番大きなリスクの変化は死亡に対する備えでしょう。自分に万一の事があった場合の残された家族の生活を保障する保険を見直す必要が出てきます。
では、どれくらいの保障があれば良いのでしょうか。

 

一般的には死亡前の生活費の7割程度が目安といわれています。ただし、最近は女性も働く方が多く、妻も家計を担っている場合も多いでしょう。また、公的年金(遺族年金)の額によっても異なります。結婚を機に、ライフプランを考え、保険等も見直すことはとても大切です。