国の社会保険ってどういうものがあるの?

健康保険、労災保険、雇用保険、年金、介護保険等があります。

日常生活でのけがや病気に対しては健康保険の給付を受けることができます。

 

一方、仕事上や通勤でのけがや病気については、労災保険が、会社員が失業した場合は、雇用保険の給付を受けることができます。リタイア後は老齢年金がもらえます。

また、障がいになった場合や、夫を亡くした妻や親を亡くした子供たちのためには、障害年金や遺族年金があります。さらに年をとって介護が必要になった場合は、介護保険で介護費用を賄うことができます。

 

このように社会保険は私たちの生活を支える上で最も基本的なセイフティネットです。

syakaihoken