公的年金の加入などの手続きについて教えて

20歳になったとき、入社時、転職時、退職時、結婚時などそれぞれのイベントにおいて、年金の手続きがあります。また、手続きの中には自分で手続きをする必要があるものもあります。

 

 

日本国内に住んでいる人は、20歳になったら必ず国民年金に加入しなければなりませんが、加入にあたっては手続きが必要です。20歳の誕生日近くになると、年金事務所から【国民年金加入調査票(兼加入届)】が届きますので、これに記入し、市区町村役場で国民年金の加入手続きをしてください。ただし、 20歳の時、すでに厚生年金、共済年金に加入している人は、加入手続きをする必要はありません。

なお、国民年金に加入すると、保険料を支払わなければなりませんが、20歳になったといっても学生の場合は収入が無いことも多く、保険料の支払いが難しいこともあるでしょう。このような場合は、学生納付特例制度を利用することもできます。これは、所得が一定額以下の学生の場合、保険料の支払いを後払いにできる制度です。ただし、所得要件を満たしているからといって、自動的に保険料の支払いが猶予されるわけではなりません。学生納付特例制度を利用する場合は、学生証または在学証明書の写し等を用意して市区町村役場で必要な手続きをしてください。

 

 

会社に勤めている間は、年金に関する必要な手続きは会社が行ってくれますが、会社を退職したら、自分自身でこれらの手続きを行わなければなりません。退職して自営業になる場合やすぐ次の会社に勤めない場合は、国民年金の第2号被保険者から第1号被保険者への種別変更手続が必要です。お住まいの市区町村役場の国民年金担当窓口で、手続きをしてください。

 

 

結婚退社して会社員の被扶養配偶者になる場合は、第2号被保険者から第3号被保険者への種別変更の手続きが必要です。この手続きは、配偶者の勤務先を経由して行いますので、必要書類などを入手して、早めに配偶者の勤務先に提出すると良いでしょう。

 

このように、年金には加入手続きだけでなく、種別変更の手続きもあります。人生の節目には、年金の手続きも忘れずに行うようにしましょう。