会社員・自営業者の社会保険制度の違いは?

会社員の加入する社会保険は保障範囲が広く、自営業者と比べ保障内容も手厚くなっています。
社会保険のうち、労働保険(労災保険・雇用保険)は、原則として、会社員のためのものであり、自営業者が加入することはできません。

 

これは、会社員は会社に使用(雇用)されている立場であることから、働けなくなった時に保障が受けられるという考えに基づいています。また、会社員が加入する医療保険である健康保険には、療養のために会社を休んだ期間についての所得保障(傷病手当金)がありますが、自営業者が加入する国民健康保険では、所得保障(傷病手当金)は、原則ありません。さらに、年金制度においては、会社員は国民年金に上乗せして厚生年金ももらえますが、自営業者がもらえるのは国民年金のみです。給付の面ばかりでなく、保険料の負担についても、違いがあります。

 

 

会社員の加入する社会保険は、会社が一部(労災保険については全部)負担してくれますが、自営業者が加入する社会保険は、全額、本人が支払わなければなりません。
社会保険の違い