ぴったりの保険を知りたい

まずはライフプランを考えよう

ライフプランとは自分の未来をどう生きたいかを記した、「人生の設計図」と言われています。

 

年齢・家族構成・将来の夢や心配ごとなど、今後のライフイベントなどから、「いま」と「これから」でどのような準備が必要なのか知ることができます。

まず、ご自身がどのようなライフイベントが待ち受けているのか、どのような支出があるのかを思いつくだけイメージしてください。

 

「ライフプラン表」を一緒につくりましょう

自分や家族のライフイベントを表にすると、将来に向かってお金がかかる時期がわかるため、将来を予測しやすくなります。自分や家族のライフイベントを将来に向かって書きだした表を「ライフイベント表」といいます。

 

ライフイベント表を作成し、まとまった支出が必要な時期を把握しておくと、前もって資金準備などの対策を立てることが可能となります。

 

頭の中でアレコレ考えるのも大切ですが、「表」にすることで新たな問題点を発見することがあります。

「ライフプラン表」で発見できる問題点の一例

  • 退職後と年金受給開始まで収入はどうするか。
  • 子供が3人いるが、3人の学費が45~50歳の期間に集中する。
  • 公的の遺族年金を考慮しないで、生命保険に入っていたが本当に必要?

 

準備すること、問題点と一緒に保険も考える

ライフイベントに備える方法は保険だけではありません。

貯蓄や投資などでも準備はできます。
また、国の社会保険には、「遺族年金」「健康保険」「老齢年金」などがあり、民間の生命保険と役割が重複するものがあります。

 

そのような既に準備できている保障とライフプランを考慮しながら、保険を考えることが賢い生命保険の準備の方法です。